生活保護の基礎

生活保護とは

生活保護とは、憲法25条によって定められている「国民が健康で文化的な最低限度の生活を保障する」という制度です。

働いていたのに、病気や怪我をしてしまい働けなくなってしまった場合から、なんらかの理由で働きたいのに働けない理由がある場合に生活保護のしくみが適用されます。

生活保護の受給条件は厳しく、誰もが生活保護を受けられるわけではありません。
最低生活費に足りないとされる金額が支給されるのですが様々な条件を満たしている人だけが受給できます。

なんらかの理由により働けない人に受給資格があります。

働けなくなっても、預貯金がある人はまず預貯金を使うことになるのですぐに支給されません。生命保険や車など換金するものがあれば換金し、給付金も得てもらうのです。

親類から資金の援助を得ることができるかもチェックされます。
たとえ働けなくなくなっても、失業保険や所得税の免除など様々な減免制度があるため、これらの手当てを全部活用してもまだ生活するのが難しいという場合のみ生活保護を受けることになります。

生活保護には現金だけではなく、様々な扶助があります。
衣食住に必要になる金額を現金で給付されるのが生活扶助です。その他、住宅に必要になる金額を現金で給付される住宅扶助や医療を無料で受けることができる医療扶助、小学校や中学校に通う上で必要になる教育扶助までいろいろなものがあります。

生活保護の金額は、住んでいる地域によっても異なりますが、生活費の高い1級地に夫婦2人と小学生と未就園の子供2人の合計4人で生活している場合には、生活扶助が17万6000円、児童養育加算が2万円、教育扶助が小学生1名で4,840円、住宅扶助が6万9,800円が支給されるので、合計で約27万円が支給されることになります。

一方で高齢者が3級地で一人暮らしという場合には約9万円程度になるので地域差は大きいです。申請しても実際に受給できるかは自治体の判断にもよります。